鯛どれっしんぐ

 漁師町の尾鷲では、昔からさまざまな料理に焼き魚の身を使います。和えもの、酢のもの、サラダ、炒めもの、漬け物にいたるまで、何でも魚の焼き身を入れます。
 年中通して捕れる豊富な海の幸を、無駄なく使うための漁場独特の食文化です。このドレッシングは
そんな漁師町の味を手軽に楽しんで頂きたいと開発いたしました。
 焼いた鯛の身を丁寧にほぐし、「鯛だしつゆ」のベースにもなっている漁師町伝統の醤油に、純米酢、梅肉、ごま、尾鷲の甘夏果汁をブレンドしさっぱりと和風に仕上げました。
  オイルを使っていないので、夏は夏野菜をたっぷり使ったサラダそうめん、蒸し野菜や野菜炒め、
 お豆腐にかけたり、なすの炒めもの、さっぱり煮等、和風に。
又、オリーブオイルやごま油を加えて、カルパッチョドレッシングや中華ドレッシングにしたりと、
いろんな料理にお使い頂けます。

 こちらは「鯛だしぽん酢」と違って酸味をきかせたさっぱりタイプになります。
鯛の身が入っているのでノンオイルなのにコクがあり最後まで飽きることなく
お召し上がり頂けます。

 ☆「○○○の知らない世界」でもノミネートされたドレッシングで某高級リゾートホテルでも
使って頂いています。

 内容:220g
販売価格
500円(税込540円)
購入数